最終更新日
2017年2月28日
TEL:052-781-4545 わたなべ小児歯科 星ヶ丘地下鉄駅2番出口徒歩1分 
 
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 キラキラ通信
2017年3月号
 今月は、口唇と舌の動きを良くするための簡単なトレーニングのご紹介です。
 チョウチョの歌を パ・ラ・タ・カ・ナの音に替えて歌いましょう。
 例えば、『ちょうちょ ちょうちょ 菜の葉にとまれ』を
     カタパ カタパ パタパタ ナナナ、
     タタタ パパパ ララララ カカカ
 など、好きなように歌います。
 (パは上・下の口唇を合わせる練習に、ラ・タ・カ・ナは舌のいろいろな場所を
  上に持ち上げる練習になります)


 赤ちゃんの口には、おっぱいがはいっている時間が長いので、
 口唇をしっかり閉じることも、舌を自由に動かすこともできていないのです。
 口唇や舌を上下に動かせるようになってはじめて
 発音も食べる機能も育っていきます
 一緒に楽しんで歌いながら、お口の機能を育てましょう。